2018年7月28日土曜日

Logic Pro XでWaves V9が認識されない問題解決-備忘録-

MacBook Pro 2018にインストールしたLogic Pro XでWaves V9が認識しない...


つい先日、MacBook Pro 2018 Core i9 メモリー32GBカスタマイズモデルを購入したため、ソフトシンセやプラグインエフェクトのインストールをしています。


取り急ぎ、Cubase Pro 9.5にPro Tools 2018.4、finale 25、Logic Pro X 10.4.1といったDTM,DAWソフトからインストールをし、Wavesをインストールしたのですが、Cubase Pro 9.5(VST)もPro Tools 2018.4(AAX)も問題なく認識するのに、AUであるLogic Pro Xだけは、全く認識しないという問題発生。


ちなみに、MacBook ProのmacOSは、Ver.10.13.6(High Sierra)で、2018年Touch Barモデルのみ対象のサーマルスロットリング問題の修正アップデートを適用済みの状態です。


Wavesは、WUPが切れているということもあり、V9.92をインストールしましたが、Logic Pro Xのプラグインマネージャーにすら表示されない(起動時の互換性チェックすらないため、インストールされていない状態と同じ)ため、手も足も出ません。


仕方ないので、V9.6で試してみたり、V9.3まで遡ってみたりもしましたが、やはりLogic Pro XだけはどうにもWavesを認識してくれないわけです。


Waves AU Reg Utility1 9.92起動で解決


Waves AU Reg Utility1 9.92がある場所
Waves AU Reg Utility1 9.92がある場所

あれこれ試していましたが、アプリケーションフォルダの中に「AUのユーティリティー」という気になる名前のアプリケーションを発見。


アプリケーションフォルダ > Waves > WaveShells V9 > Waves AU Reg Utility1 9.92


試しにこれを起動。


そうすると、どうもAUプラグイン版のWavesプラグインをチェックし出したようでして...その後、Logic Pro Xを起動すると、きちんと認識し、使えるようになりました。


Wavesでハマるという方は、ググっていてもたくさんいらっしゃって、各々様々な解決方法を試されているわけですが、Wavesも安くなってきて、これからクオリティーを上げて行きたいと思っている生徒さんに結構オススメしているだけに、こうもすんなりと使えないのは困りますね...。


もし、同じような状態になっている方がいらっしゃいましたら、ご参考になれば幸いです。




DTM教室ならDTM,DAW,作曲個人レッスンスクールのStep One DTM School自由が丘教室
Step One DTM School自由が丘教室Web Site
趣味ぶろ 教室ブログランキング

2018年5月29日火曜日

Mac版Cubase「Select Waves 9.6PlugIns folder」が出た時の対処方法

Waves V9.92アップデータにバグがあるのかも...


WavesのライセンスをUSBメモリに入れてドングルとして使っていたのを他のUSBメモリに移そうとして、ついでに長らくアップデートしていなかったから、Waves 最新バージョンV9.92およびWaves Central 1.3.7.8(2018/5/29現在)をインストールしましたが...


Cubase Pro Ver.9.5.30を立ち上げると、毎回「Select Waves 9.6PlugIns folder」というダイアログが出てきて、アプリケーションフォルダ内のWavesフォルダを指定しても、「Select Waves 9.6PlugIns folder」ダイアログが再度出てきて、もう1回指定して...これが無限ループされてしまう問題が発生。


ネット検索すると同じような状況に陥っていた方がいらっしゃったようで...
wavesに関する覚書「Select Waves 9.6PlugIns folder」

2017年8月28日の記事ですが、引き続きこの問題は起こるようです。


しかし、この方はWindowsユーザーのようで、私のようなMacユーザーでは違う解決方法を探すしかありません。


どうしたものか...


ちなみに、Windows版Cubaseでもダイアログをキャンセルすれば、別に問題なくWavesプラグインは使えるようですが、これはMac版Cubaseでも同じでした。
別に毎回「Select Waves 9.6PlugIns folder」ダイアログをキャンセルすれば、何も問題はない...と言えばそれまでですが、やっぱり気持ちいいものではありません。


また、私はLogic Pro Xも持ち合わせているので、試しにLogic Pro X Ver.10.4.1ではどうなるかと立ち上げてみましたが、「Select Waves 9.6PlugIns folder」ダイアログは、VST特有の問題のようで、Logic Pro XはAUということもあり、特に問題ないようです。


なお、Windowsでは、Program Filesフォルダをいじると治るということなので、これをMacに置き換えると...ライブラリフォルダの中ということになります。


そこで...


  • Macintosh HD > ライブラリ > Audio > Plug-Ins > VSTの中にある「WaveShell-VST 9.6.vst」
  • Macintosh HD > ライブラリ > Audio > Plug-Ins > VST3の中にある「WaveShell-VST 9.6.vst3」


この2つを試しにゴミ箱に入れてみましたら、「Select Waves 9.6PlugIns folder」ダイアログは出なくなりました。


それにしても、Waves Central経由でWaves V9.92へアップデートしたのですが、Cubase Proの「スタジオ > VSTプラグインマネージャー」を見ると、Waves V9.6のプラグインは一切なかったため、本来はV9.92へのアップデートの際に、V9.6がアンインストールされるなり、上書きされるなりすれば良いのでしょう。


しかし、中途半端にV9.6の構成ファイルが残ってしまうため、「Select Waves 9.6PlugIns folder」というダイアログ出てくるのかもしれません...。


MacでCubaseとWavesをお使いの方で、同じ状況になってしまっていましたら、ご参考になれば幸いです。


------------------------
【参考:私の環境】

MacBook Pro 2017
MacOS Sierra Ver.10.12.6
Cubase Pro Ver.9.5.30
Logic Pro X Ver.10.4.1






DTM教室ならDTM,DAW,作曲個人レッスンスクールのStep One DTM School自由が丘教室
Step One DTM School自由が丘教室Web Site
趣味ぶろ 教室ブログランキング